スポンサード リンク

第2回中深場釣り

更新が滞ってましたが、釣りにはぼちぼち行ってまして2回目の中深場釣りの話でも!
クロムツ、アカムツなどの深海の魚を狙い早朝、釣り仲間と共に江の島方面へ向かいました。
船宿に着くと先に到着していたメンバーと共に、乗船です。
ワクワクドキドキした出船前に仕掛けをレンタルした竿と電動リールにセットしました。
2度目の中深場釣りのため、初めての時よりは勝手がわかるので心のゆとりが釣果にどう影響しますかね。
さて、江の島沖のポイントに着くと早速、水深300m前後を狙い仕掛けを投入です。
釣り方は、前回の中深場釣り同様に仕掛けを海中に落としオモリが海底に着いた後、3mくらいラインを巻いてアタリを待ちます。
時折海底を取り直してひたすらアタリを待ちます。
いや〜ほんとに待ちました。
アタリが殆どないなか、水深300m前後のわずかな魚信をキャッチ!
なんとなく当たっている感じなので電動リールのスイッチオンです。
ラインを巻き上げる時間を暫く、待っていると時折引いているようです。
海面に仕掛けが上がってくると針についたエサのサバの切り身。
数本の針を上げていると下の針に魚が掛かってました〜!
白ムツ
メバル〜?
違いますよー!
白ムツです。
通称、白ムツで通りますが、オオメハタというそうです。地方によってはメバルで通ることも?
取り敢えずは、ボウズ逃れました〜!
ほっと胸を撫でおろし…
その後、ポイント転々としながらガツンと当たったと思ったら、
大サバ
海面に上がってきてからガンガン引くので大物かと思ったら大きな、サバでした。
40cm弱ですかね。
アタリは明確でしたが電動リールでも150号のオモリを300m前後の海底から引き揚げるのがかったるい。
それから、の釣果というと2回目の中深場釣り、アタリは少ないものの、ポツリポツリ程度に同乗者も釣れてました。
2回目の中深場釣り釣果
私の竿には、来ませんでしたが仲間内には、ノドグロも釣れてました!
釣果的には貧果でしたが、深海から上がってくる魚にロマンを感じるのでした。
釣り方
中深場用ロッドに電動ベイトリールにラインはPE4号、仕掛けは、中深場五目釣セットに150号のオモリを付けました。
オマツリしてしまったのですが中乗りさんが仕掛け高い(仕掛が一セット1000円くらいするので)からと仕掛けを直してくれました。
ありがとう!この場をお借りしてお礼を申し上げます。
さて、エサは、塩漬けのサバの切り身に針をチョン掛け。
前回同様、底から3m位を狙いました。
絶えず底を取り直ししながら、底3mをキープし魚を誘いました。
白ムツの料理方法
クロムツのハラワタを取り除き、3枚におろしてから刺身にしワサビ醤油でいただきました。
頭がデカいので身は刺身で頭はカラットパリパリに油で揚げて頂きましたがこちらも美味でした。
そんなこんなで、2回目の中深場五目釣りにて白ムツが釣れました。
ソルトルアーフィッシング
数は釣れなかったのですが、白ムツは初めて釣りました。う〜む深場は奥が深い。人気blogランキングへ
タグ:白ムツ
| このエントリーを含むはてなブックマーク | にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
| Comment(0) | フィッシング日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサード リンク