スポンサード リンク

アマダイ釣りに行ってきました

前回のレンコダイ釣り、実は、アマダイ狙いでしたが釣れずに終わってしまったので今回リベンジに行ってきました。
さて、リベンジということで前回と同じ船宿から出船しましたよ!
今回は相模湾から城ヶ島沖まで攻めてきました。
私の竿にはレンコダイばかり釣れた初釣りでしたが、その時、他の仲間内は、ぽちぽちアマダイを釣っていたのです。
残念ながら前回自分の竿にはアマダイが掛かってくれませんでしたので今回は気合を入れて釣ります!!
波は穏やかで船を仕立てたのでゆったりと釣りができました。
前回同様に船長の指示棚は水深100mくらいの指示が多かったです。
早速、港を出てから程なくし、ポイントに到着。
何時ものように付けエサのエビを針につけてから海底に仕掛けを落とし込みます。
オモリが海底に着いた後、50cmから1mほどラインを巻いてアタリを待ちます。
何度か海底を取り直してアタリを待っているが、そう簡単には釣れてこない。
10分くらいしてからエサのチェックをして底を狙っているとゴンゴンとあたりが!
すっと竿を上げるとPEラインから伝わる魚のブルブルが!
何かキターーーーーーッ!
本日初ヒットです。電動リールの巻き取りスイッチオーーーーンでラインを巻き取るのでした。
途中、落ち着いていたさかなの引きが時折大きく暴れだした。
こっ!これは!
アマダイの引きだ!
50m、40m、30mと出ているラインを巻き取りながら魚との距離を縮める。
そして、数メートルを残し電動リールが自動で停止するので、ラインの先を見つめると海面から赤い魚が見えました!
いきなりのアマダイキターーーーー!
アマダイ.jpg
アマダイ釣れてリベンジ達成です。
が、しかし…
それからアタリが遠のいてしまい、城ヶ島沖まで遠征するも魚がいない。
アタリ少なく、外道がポチポチと言った感じです。
ヒメ.jpg
ヒメにアカボラ
アカボラ.jpg
同乗者は、まあまあな型のムシガレイも釣れていました。
ポツポツと釣れていましたが、前回よりも船中トータルでアマダイが釣れてない。
私はというと外道多数とアマダイ1匹の釣果でしたよ!
トラギス.jpg
トラギス
ガンゾウビラメ.jpg
ガンゾウビラメ
レンコダイ.jpg
前回たくさん釣れたレンコダイも今回は少な目でした。
釣り方
ベイトロッドに電動リールを使用。ラインはPE4号、仕掛けは、天秤に80号のオモリを付け、自作のアマダイ仕掛けを取り付けました。
エサは、オキアミの尻尾を取ってから尾から針を通して、エサが真っ直ぐになるようにセット。
アマダイは底にいる魚なので底から50cm〜1m位を狙いました。
絶えず底を取り直ししながら、底1mまでをキープし魚を誘いました。
いつもの通りに狙ったのですがまたもやアマダイの釣果に恵まれませんでした。
アマダイの料理方法
アマダイのハラワタを取り除き、3枚におろしてから半身は刺身にしワサビ醤油でいただきました。
半身は、鱗付きの皮ごとぶつ切りにして松笠揚げにしておいしくいただきました。
さて、次回は、中深場の予定です。
ソルトルアーフィッシングに行こうか悩んだのですがね。エサ釣り体験談になっているかな?
人気blogランキングへ
| このエントリーを含むはてなブックマーク | にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
| Comment(0) | フィッシング日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサード リンク