スポンサード リンク

レンコダイ釣り

1月前半、今年初のタイなどを釣りに行ってきました!
レンコダイ他小魚
早朝仲間内で船宿に集合してから、船に乗船です。
今年初の釣りだったので、最近の乗船した船の釣果が年末の釣果から更新無し。
何が釣れているのかもよくわからないままでしたが、五目釣りにでもなればよいかと…
さて、船を仕立てたので釣り座もゆったりと良い休日が過ごせそうです。
今回、基本は、アマダイ狙いですので、水深100m前後の海底を狙います。
海が結構荒れていたので船酔い者続出です。
おらもほろ酔い気分で釣行開始となりました。
うー気持ち悪い
さて、エサ釣り用の7:3調子の竿に電動リールをセットして、アマダイを狙うのでした。
水深は、100m前後です。
港を出発して、程なくポイントに到着。
相模湾
ハリにエビを取り付けて仕掛けを海底へ沈めると電動リールのカウンター表示は水深90mくらいでした。
いつものようにオモリが海底に着いた後、50cmから1m位ラインを巻いてアタリを待ちます。
何度か海底を取り直してもアタリが無い場合は、巻き取ってエサのチェックです。
誘いをかけるも魚の反応が無く、同乗者はポツリポツリ釣れている。
釣り開始から暫く経過した頃、待望のアタリが!
ググググッ!
なんとなく小さなアタリがあるので軽く合わせると何かが掛かってきた。
レンコダイですな。
レンコダイ
その後は、ポツポツ釣れるが、雑魚ばかり。
アカボラ
釣れて美味しいアカボラ(ヒメコダイ)ですな。
さて、小魚はというと
雑魚
小さなレンコダイ(キダイ)の他、ヒメやトラギスなど。
そうそうこんな赤い魚も釣れたな。
アズマハナダイ
アズマハナダイでしょうか?
他には、メバルの仲間も釣れました。
レンコダイ他小魚
こんな感じです。
同船者は、ポツリポツリ程度に釣れているが全体的に渋い。
というか波が高くてエサが舞ってしまい魚のアタリが取りにくいのも原因か?
同乗者には、真鯛やオニカサゴ、カサゴ、アマダイなどが釣れているのであった。
アマダイ
時間と共に波も改善してきたが、皆船酔い気味でした。
さて、そうこうしているうちに船頭の「そろそろ時間です」の合図と共に今年の初釣りは終了しました。
後ろ髪を引かれつつ船中で魚を捌きながら、帰港するのでした。
同船者は、アマダイ0〜5匹だったようです。全体にアタリが少なく渋い日でしたが、レンコダイはポチポチ釣れていました。
釣り方
ベイトロッドに電動リールを使用。ラインはPE4号、仕掛けは、天秤に80号のオモリを付け、自作のアマダイ仕掛けを取り付けました。
波が高く安定しないので釣果も不安定という残念な結果でした。
エサは、オキアミの尻尾を取ってから尾から針を通して、エサが真っ直ぐになるようにセットし底から50cm〜1m位を狙いました。
絶えず底を取り直ししながら、底1mまでをキープし魚を誘いました。
レンコダイの料理方法
レンコダイのハラワタを取り除き、3枚におろしてから刺身にしワサビ醤油でいただきました。
小さなレンコダイは、から揚げにして美味です。
雑魚は、すべてから揚げにしてしまったので、味は似たり寄ったりですね。
ヒメもそのままだと小骨が多そうですが、低温の油でじっくり揚げれば骨までパリポリです。
ヒメの唐揚げ
頭から尻尾まで丸ごと食べてしまいました。
ソルトルアーフィッシングではなく、エビ餌でレンコダイが釣れました。
次回リベンジ予定。2019年初のレンコダイ釣りでした。人気blogランキングへ
タグ:レンコダイ
| このエントリーを含むはてなブックマーク | にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
| Comment(0) | フィッシング日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサード リンク