スポンサード リンク

肝パンパンのカワハギ釣り

肝パンパンのカワハギ釣りへ行ってきました。😃
カワハギ2018
乗合船で狙う、東京湾のカワハギ釣りです。
さて、早朝釣り仲間が迎えに来てくれたので、何時ものように同乗者を拾いながら船宿へ向かうのでした。
車中は、釣り談話であっという間に船宿到着です。
船宿に到着後仲間内と合流し、受付を済ませ、氷を受け取り乗船しました。
船でエサのアサリの剥き身を籠に入れて、仕掛けの準備をして出船を待ちます。
寒さが厳しくなってきましたが、天候は大丈夫そうなので然程寒くなく釣りができましたよ。
さて、出船後、そんなに時間もかからずポイントへ到着です。
早速、アサリを針に丸めるように付けてから仕掛けを海へ投入。
海底付近を狙うようでしたので、大体30〜40mくらいの水深を狙いました。
仕掛けを海底まで沈めてから底から1mくらい糸を巻き上げて、アタリを待ちました。
暫く反応が無かったものの、時折、コツ!コツ!とアタリがあるようです。
グッとアタリと共に合わせをくれてやると
ガツン!と竿に重さが伝わり魚が掛かっているようです。
巻き上げていると時折抵抗を見せながら、水面から黒い魚体が見えてきました。
やった〜!カワハギが釣れていました。
取り敢えずボウズは無しという事でよかったです。
ガツンと合わせていると、ラインが切れてしまいました。
1号のPEラインが弱っているようです。数年経っていたので何故か部分的に強度が落ちている様子。
弱い部分のラインを捨てて新しい部分で釣りを再開です。
ポツリポツリと数を伸ばし、ここで一発、重〜いアタリが!
竿を持ち上げて聞き合わせると今までのカワハギの引きとは違う重たさです。
魚とのやり取りを楽しみながらリールを巻き上げるとデカっ!
カワハギ30cm
30cmのカワハギ釣れました〜!😃
そんなこんなでポツポツと釣れて良い休日が過ごせました。
他は、ササノハベラやオキエソが釣れました。
ササノハベラ
ササノハベラ2
オキエソ
カワハギの仕掛け
ライトジギングロッドに小型両軸リールをセット。
ラインはPE1号を使いました。
PEラインに3本針仕掛けセットを取り付け、オモリは25号です。
餌はアサリの剥き身を水管から針を通して絡め、最後にベロに通して針に丸く取り付けます。
カワハギの釣り方
先ずは、海底まで仕掛けを入れます。
オモリが海底に着いたら糸フケをとって仕掛けを上下に動かしたりして誘いを掛けます。
PEラインで竿の感度も良かったので小さなアタリでカワハギを掛ける事ができました。
カワハギの料理方法
カワハギの腹に肝がパンパンに詰まっていました。三枚におろして、薄く刺身に切り分け、わさび醤油に肝を絡めて美味しくいただきました!
肝がねっとりまったりと舌に絡み、美味さ倍増です!
そんなこんなで、ソルトルアーフィッシング用のロッドでカワハギが釣れました。
人気blogランキングへ
タグ:カワハギ
| このエントリーを含むはてなブックマーク | にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
| Comment(0) | フィッシング日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
スポンサード リンク