スポンサード リンク

第2回中深場釣り

更新が滞ってましたが、釣りにはぼちぼち行ってまして2回目の中深場釣りの話でも!
クロムツ、アカムツなどの深海の魚を狙い早朝、釣り仲間と共に江の島方面へ向かいました。
船宿に着くと先に到着していたメンバーと共に、乗船です。
ワクワクドキドキした出船前に仕掛けをレンタルした竿と電動リールにセットしました。
2度目の中深場釣りのため、初めての時よりは勝手がわかるので心のゆとりが釣果にどう影響しますかね。
さて、江の島沖のポイントに着くと早速、水深300m前後を狙い仕掛けを投入です。
釣り方は、前回の中深場釣り同様に仕掛けを海中に落としオモリが海底に着いた後、3mくらいラインを巻いてアタリを待ちます。
時折海底を取り直してひたすらアタリを待ちます。
いや〜ほんとに待ちました。
アタリが殆どないなか、水深300m前後のわずかな魚信をキャッチ!
なんとなく当たっている感じなので電動リールのスイッチオンです。
ラインを巻き上げる時間を暫く、待っていると時折引いているようです。
海面に仕掛けが上がってくると針についたエサのサバの切り身。
数本の針を上げていると下の針に魚が掛かってました〜!
白ムツ
メバル〜?
違いますよー!
白ムツです。
通称、白ムツで通りますが、オオメハタというそうです。地方によってはメバルで通ることも?
取り敢えずは、ボウズ逃れました〜!
ほっと胸を撫でおろし…
その後、ポイント転々としながらガツンと当たったと思ったら、
大サバ
海面に上がってきてからガンガン引くので大物かと思ったら大きな、サバでした。
40cm弱ですかね。
アタリは明確でしたが電動リールでも150号のオモリを300m前後の海底から引き揚げるのがかったるい。
それから、の釣果というと2回目の中深場釣り、アタリは少ないものの、ポツリポツリ程度に同乗者も釣れてました。
2回目の中深場釣り釣果
私の竿には、来ませんでしたが仲間内には、ノドグロも釣れてました!
釣果的には貧果でしたが、深海から上がってくる魚にロマンを感じるのでした。
釣り方
中深場用ロッドに電動ベイトリールにラインはPE4号、仕掛けは、中深場五目釣セットに150号のオモリを付けました。
オマツリしてしまったのですが中乗りさんが仕掛け高い(仕掛が一セット1000円くらいするので)からと仕掛けを直してくれました。
ありがとう!この場をお借りしてお礼を申し上げます。
さて、エサは、塩漬けのサバの切り身に針をチョン掛け。
前回同様、底から3m位を狙いました。
絶えず底を取り直ししながら、底3mをキープし魚を誘いました。
白ムツの料理方法
クロムツのハラワタを取り除き、3枚におろしてから刺身にしワサビ醤油でいただきました。
頭がデカいので身は刺身で頭はカラットパリパリに油で揚げて頂きましたがこちらも美味でした。
そんなこんなで、2回目の中深場五目釣りにて白ムツが釣れました。
ソルトルアーフィッシング
数は釣れなかったのですが、白ムツは初めて釣りました。う〜む深場は奥が深い。人気blogランキングへ
タグ:白ムツ
| このエントリーを含むはてなブックマーク | にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
| Comment(0) | フィッシング日記

アマダイ釣りに行ってきました

前回のレンコダイ釣り、実は、アマダイ狙いでしたが釣れずに終わってしまったので今回リベンジに行ってきました。
さて、リベンジということで前回と同じ船宿から出船しましたよ!
今回は相模湾から城ヶ島沖まで攻めてきました。
私の竿にはレンコダイばかり釣れた初釣りでしたが、その時、他の仲間内は、ぽちぽちアマダイを釣っていたのです。
残念ながら前回自分の竿にはアマダイが掛かってくれませんでしたので今回は気合を入れて釣ります!!
波は穏やかで船を仕立てたのでゆったりと釣りができました。
前回同様に船長の指示棚は水深100mくらいの指示が多かったです。
早速、港を出てから程なくし、ポイントに到着。
何時ものように付けエサのエビを針につけてから海底に仕掛けを落とし込みます。
オモリが海底に着いた後、50cmから1mほどラインを巻いてアタリを待ちます。
何度か海底を取り直してアタリを待っているが、そう簡単には釣れてこない。
10分くらいしてからエサのチェックをして底を狙っているとゴンゴンとあたりが!
すっと竿を上げるとPEラインから伝わる魚のブルブルが!
何かキターーーーーーッ!
本日初ヒットです。電動リールの巻き取りスイッチオーーーーンでラインを巻き取るのでした。
途中、落ち着いていたさかなの引きが時折大きく暴れだした。
こっ!これは!
アマダイの引きだ!
50m、40m、30mと出ているラインを巻き取りながら魚との距離を縮める。
そして、数メートルを残し電動リールが自動で停止するので、ラインの先を見つめると海面から赤い魚が見えました!
いきなりのアマダイキターーーーー!
アマダイ.jpg
アマダイ釣れてリベンジ達成です。
が、しかし…
それからアタリが遠のいてしまい、城ヶ島沖まで遠征するも魚がいない。
アタリ少なく、外道がポチポチと言った感じです。
ヒメ.jpg
ヒメにアカボラ
アカボラ.jpg
同乗者は、まあまあな型のムシガレイも釣れていました。
ポツポツと釣れていましたが、前回よりも船中トータルでアマダイが釣れてない。
私はというと外道多数とアマダイ1匹の釣果でしたよ!
トラギス.jpg
トラギス
ガンゾウビラメ.jpg
ガンゾウビラメ
レンコダイ.jpg
前回たくさん釣れたレンコダイも今回は少な目でした。
釣り方
ベイトロッドに電動リールを使用。ラインはPE4号、仕掛けは、天秤に80号のオモリを付け、自作のアマダイ仕掛けを取り付けました。
エサは、オキアミの尻尾を取ってから尾から針を通して、エサが真っ直ぐになるようにセット。
アマダイは底にいる魚なので底から50cm〜1m位を狙いました。
絶えず底を取り直ししながら、底1mまでをキープし魚を誘いました。
いつもの通りに狙ったのですがまたもやアマダイの釣果に恵まれませんでした。
アマダイの料理方法
アマダイのハラワタを取り除き、3枚におろしてから半身は刺身にしワサビ醤油でいただきました。
半身は、鱗付きの皮ごとぶつ切りにして松笠揚げにしておいしくいただきました。
さて、次回は、中深場の予定です。
ソルトルアーフィッシングに行こうか悩んだのですがね。エサ釣り体験談になっているかな?
人気blogランキングへ
| このエントリーを含むはてなブックマーク | にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
| Comment(0) | フィッシング日記

レンコダイ釣り

1月前半、今年初のタイなどを釣りに行ってきました!
レンコダイ他小魚
早朝仲間内で船宿に集合してから、船に乗船です。
今年初の釣りだったので、最近の乗船した船の釣果が年末の釣果から更新無し。
何が釣れているのかもよくわからないままでしたが、五目釣りにでもなればよいかと…
さて、船を仕立てたので釣り座もゆったりと良い休日が過ごせそうです。
今回、基本は、アマダイ狙いですので、水深100m前後の海底を狙います。
海が結構荒れていたので船酔い者続出です。
おらもほろ酔い気分で釣行開始となりました。
うー気持ち悪い
さて、エサ釣り用の7:3調子の竿に電動リールをセットして、アマダイを狙うのでした。
水深は、100m前後です。
港を出発して、程なくポイントに到着。
相模湾
ハリにエビを取り付けて仕掛けを海底へ沈めると電動リールのカウンター表示は水深90mくらいでした。
いつものようにオモリが海底に着いた後、50cmから1m位ラインを巻いてアタリを待ちます。
何度か海底を取り直してもアタリが無い場合は、巻き取ってエサのチェックです。
誘いをかけるも魚の反応が無く、同乗者はポツリポツリ釣れている。
釣り開始から暫く経過した頃、待望のアタリが!
ググググッ!
なんとなく小さなアタリがあるので軽く合わせると何かが掛かってきた。
レンコダイですな。
レンコダイ
その後は、ポツポツ釣れるが、雑魚ばかり。
アカボラ
釣れて美味しいアカボラ(ヒメコダイ)ですな。
さて、小魚はというと
雑魚
小さなレンコダイ(キダイ)の他、ヒメやトラギスなど。
そうそうこんな赤い魚も釣れたな。
アズマハナダイ
アズマハナダイでしょうか?
他には、メバルの仲間も釣れました。
レンコダイ他小魚
こんな感じです。
同船者は、ポツリポツリ程度に釣れているが全体的に渋い。
というか波が高くてエサが舞ってしまい魚のアタリが取りにくいのも原因か?
同乗者には、真鯛やオニカサゴ、カサゴ、アマダイなどが釣れているのであった。
アマダイ
時間と共に波も改善してきたが、皆船酔い気味でした。
さて、そうこうしているうちに船頭の「そろそろ時間です」の合図と共に今年の初釣りは終了しました。
後ろ髪を引かれつつ船中で魚を捌きながら、帰港するのでした。
同船者は、アマダイ0〜5匹だったようです。全体にアタリが少なく渋い日でしたが、レンコダイはポチポチ釣れていました。
釣り方
ベイトロッドに電動リールを使用。ラインはPE4号、仕掛けは、天秤に80号のオモリを付け、自作のアマダイ仕掛けを取り付けました。
波が高く安定しないので釣果も不安定という残念な結果でした。
エサは、オキアミの尻尾を取ってから尾から針を通して、エサが真っ直ぐになるようにセットし底から50cm〜1m位を狙いました。
絶えず底を取り直ししながら、底1mまでをキープし魚を誘いました。
レンコダイの料理方法
レンコダイのハラワタを取り除き、3枚におろしてから刺身にしワサビ醤油でいただきました。
小さなレンコダイは、から揚げにして美味です。
雑魚は、すべてから揚げにしてしまったので、味は似たり寄ったりですね。
ヒメもそのままだと小骨が多そうですが、低温の油でじっくり揚げれば骨までパリポリです。
ヒメの唐揚げ
頭から尻尾まで丸ごと食べてしまいました。
ソルトルアーフィッシングではなく、エビ餌でレンコダイが釣れました。
次回リベンジ予定。2019年初のレンコダイ釣りでした。人気blogランキングへ
タグ:レンコダイ
| このエントリーを含むはてなブックマーク | にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
| Comment(0) | フィッシング日記
スポンサード リンク
INDEX
ソルトルアー
ソルトルアーフィッシング
├アイナメ
ワームでアイナメ釣り
├アオリイカ
エギングでアオリイカ
├アジ
ハイブリッドジギングでアジ釣り
├アナハゼ
ソフトルアーでアナハゼ
├イナダ
イナダのジギング
├イワシ
サーフジギングでイワシ
├エソ
ライトジギングでエソ
├エチオピア
エチオピア(ジギングにて)
├カサゴ
カサゴのルアー釣り
ワームでカサゴ釣り
├カツオ
カツオのジギングに挑戦
├カマス
サーフジギングでカマス
├ギンガメアジ
サーフジギングでギンガメアジ
├サゴシ
サゴシ釣れました
├サバ
ライトジギングでサバ
├サヨリ
メタルジグでサヨリ釣り
├ショゴ
ショゴきました堤防ジギング
├シリヤケイカ
エギングでシリヤケイカ
├シロギス
バイオワームでシロギス釣り
├スズキ
スズキ(フッコ)がジグにヒット
├スルメイカ
ライトジギングでスルメイカ
├ソーダガツオ
弓ヅノでソーダガツオ釣り
├タチウオ
太刀魚(タチウオ)とは
├ツバメコノシロ
サーフジギングでツバメコノシロ
├ネンブツダイ
サーフトローリングでネンブツダイ
├ハゼ
ワームでハゼ釣り
├ヒイカ
エギングでヒイカ
├フグ
ルアー釣り?フグ編
├ホウボウ
ホウボウ釣り
├ボラ
ボラ釣り
├ムラソイ
ムラソイのルアー釣り
├メゴチ
ワームでメゴチ釣り
├メジナ
メタルジグでメジナ釣った
├メジマグロ
メジマグロのキャスティングゲーム
└メバル
  メバル
釣行記
イナダのルアー釣り
イナダのジギング
イナダジギング東京湾
鹿島沖でクルーズ?

サバのルアー釣り
ライトジギングでサバ
ライトジギングで鯖釣り
平塚沖ライトジギング釣果速報
ライトジギングで入れ食い
インカブで釣れました
サーフトローリングでゴマサバ
ライトルアーでシイラ、うじゃ!

シーバスのルアー釣り
シーバス・ルアーで釣る1
シーバス・ルアーで釣る2
シーバス・ルアーで釣る3
フッコとにょろにょろ
暗闇でシーバス57cm
ワインド釣法でシーバス
湾シーバス
スモールマウスシーバス
80cmクラスの鱸
シーバスのライトジギング

タチウオのライトジギング
太刀魚(タチウオ)とは
太刀魚のジギングに挑戦1(準備編)
太刀魚のジギングに挑戦2(出船編)
太刀魚のジギングに挑戦3(ポイント到着)
太刀魚のジギングに挑戦 おまけ(番外編)
タチウオ用フックについて
東京湾タチウオジギング
メバルのルアー釣り
メバル
メバルのルアー釣りに挑戦
にょろにょろでメバル
ソフトルアーでメバル釣り
ナイトルアーフィッシングでメバル