スポンサード リンク

ヒラメ釣行

前回行った釣行の話です。
さて、強風で船が出ない状況でしたが、翌日何とか船が出ることになったので、強風の中、ヒラメ釣りに行ってきました。
生きたイワシをエサにしてのヒラメ狙いです。
天候は、晴れでしたが風が強く状況は微妙な感じでした。
早朝船宿に着くと何が釣れるかわくわくドキドキしながら出船を待ちます。
船宿のホームページの釣果情報では結構釣れていたようです。
仕掛は、昨年ヒラメ釣りに行くために購入した万能エサ用竿とリールは、相変わらずジギング用の中型ベイトリールにPE2号を使用。ヒラメ用の仕掛けセットにエサは生きたイワシです。
さて、出船後、間もなくポイント到着。
江の島相模湾
水深30m前後でしょうかイワシを針につけて海底まで送り込み50cmくらい底から重りを上げてひたすら待ちます。
が、反応なく時間が過ぎていくのでした。船中アタリもなく我慢の時間です。
エサのイワシが食べられくこともなくポイント移動のため、仕掛けの回収により弱ってしまいます。
エサの交換のため3〜4匹入れたイワシのバケツの中にひときわ大きく威勢の良い魚がいるのでこれをチョイス。
あれ、イワシでないような…
小サバですな〜!
威勢が良いのでこれをエサにして海中に送り込みます。
何度かのポイント移動中もあまり弱っていないようで針付きのままバケツの中で泳いでいる小サバちゃん。
小サバ
イワシだとすぐ弱るのですが、このまま続行です。
ポイント移動後、暫くするとガツガツと引き込むアタリがあり、食い込ませる時間をとってから合わせるとフィッ〜シュ!
待望のヒラメのようです。
ぐぐぐ〜ん
巻き上げ中に時折抵抗を見せるものの難なく海面に上がってきました。
おっ!ヒラメ!
ヒラメ41cm
何とか1枚目のヒラメをキャッチ出来ました。
その後はというとガツーんというアタリに掛かってきたのはホシザメ。
ホシザメ60cm
釣れない中のサメの引きを楽しみつつこれが最後の魚でした。
風が強いせいか底荒れしているようで、今一食い気の悪い一日でした。
船中も殆ど釣れなかったので残念ながら釣果は厳しかったですが、何とか40cmのヒラメが釣れたので良しとします。
仕掛け
2.4mの船竿に中型のベイトリール。
ラインは、PE2号を使用し、オモリ60号にヒラメ仕掛けセットを使用しました。
餌は、生きたイワシに、2本針仕掛けで釣りました。
釣り方
ヒラメは、海底でエサを待ち構えているので底まで沈めてからオモリを50cm前後上げてアタリをまちました。
時折、底を取り直し底からあまり離れないようにして狙います。
ヒラメの料理方法
新鮮なヒラメを5枚におろし、皮と骨を取って刺身にしました。
ワサビ醤油で刺身は美味いです。
エンガワもおいしくいただきましたよ!
獲物が寂しかったので今回はホシザメも持って帰って調理しました。
ホシザメのフライ
初めてホシザメをフライにして食べましたが意外とおいしかったのでまた釣れたらキャッチ&イートしようかな。
フカヒレも茹でてから皮や汚れを取って天日干しし、後日レトルトのフカヒレスープの中に乾燥から戻した小さなフカヒレを入れてのホシザメのフカヒレスープにしてしまいました。
もともと味の良いレトルトでしたので、偏食しがちな子供も喜んで完食してました。
今度はライトルアーでのソルトルアーフィッシングに行こうと思います。
人気blogランキングへ
| このエントリーを含むはてなブックマーク | にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
| Comment(0) | フィッシング日記

中深場五目釣りに挑戦

初挑戦の中深場五目釣りに挑戦です
江の島沖からクロムツ、メダイなどの深海の魚を狙ってきました。
中深場釣果2018
まだ暗い早朝に友人と船宿に向かい、現地集合で他のメンバーが揃い、乗船です。
前回不発だったアマダイ釣りでしたが、さてさて今回の釣果はどうなることでしょうか?
さすがに中深場釣りのため水深300m前後を狙うので、乗船人数に制限があり、ある程度は釣り座に余裕があります。今回の波は穏やかで釣りやすいのですが、さすがに300mもラインを出しているとオマツリすることもしばしばありましたよ。
流石に中深場のタックルを持っていないため電動リールセットを船宿でレンタルしました。
レンタル電動リールセット
初め、手持ちの150号負荷のジギングロッドに4号300m巻いた電動リールを使用しようと思いましたが、釣具屋の店員などの話を参考にジギングロッドは脚下となりました。
友人はイカ釣り用のロッドを代用していましたが、150号のオモリを使用できればアジビシ用のロッドでも大丈夫とのことです。
今回の中深場釣りでは水深250〜300mくらいを狙ったので、電動リールは必須です。
さて、海の状況はというと、波もなく穏やかでした。
最初に江の島沖のポイントにて水深250m前後を狙いました。
釣り方は、仕掛けを海中に落としオモリが海底に着いた後、3m位ラインを巻いてアタリを待ちます。
時折海底を取り直してひたすらアタリを待ちます。
第一投目、海に仕掛けを落とし込みます。
中深場釣仕掛エサ付き
するすると150号のオモリが海に飲まれていきますが、途中何かが食っているようでカツンカツンとあたっている。
多分サバだろうが、そのまま海底に向かって落とし込む。
同船者にはやはりというかサバが釣れている。
ポイントを移動し、落とし込むとまたもやサバの猛攻に遭い、オマツリしながらのサバ祭り。
サバ201802
取り敢えずは、ボウズ逃れました〜
さて、サバを避けるようにポイントを移動していると強烈なアタリが!
グングン引くぞ!
ばらさないように電動リールのスイッチをオンにしてラインを巻き取るのでした。
海面から黒い魚が見えてきました!
メダイきたーーーーー!
と思ったのも束の間…
隣のラインとオマツリしてしまいテンションが軽くなりばれました。
オモリが重すぎて小型の魚は、掛かっていてもよくわからない。
巻き上げたら、ユメカサゴが掛かってました。
それから、アタリは少ないものの、着々と五目達成に向け魚種を増やすのでした。
ポツリポツリ程度に同乗者も釣れてました。
そうこうしているうちにまたもや大きなアタリが!
うぉー!竿がしなる〜!
グングン引き込むアタリにドキドキしながら電動リールでラインを巻いていきます。
海面近くになってからは手動でリールを巻きます。
なかなかの引きで楽しませてくれたのは、メダイでした。
メダイ
上がってきたのはメダイ50cmオーバーです。
その後もポツポツと釣りあげて、ウケグチメバル、ヤリイカ、クロムツと釣れ六目の釣果でしたよ!
釣り方
中深場用ロッドに電動ベイトリールにラインはPE4号、仕掛けは、中深場五目釣セットに150号のオモリを付けました。
中深場釣仕掛
波が穏やかでしたが、サバの影響でオマツリがあり仕掛けは、2セット使用しました。
エサは、塩漬けのサバの切り身に針をチョン掛け。
塩サバ切身
底から3m位を狙いました。
絶えず底を取り直ししながら、底3mをキープし魚を誘いました。
メダイの料理方法
ぬるぬるのメダイを良く洗ってからハラワタを取り除き、3枚におろしてから刺身にしワサビ醤油でいただきました。
半身はムニエルで頂きましたがこちらも美味でした。
そんなこんなで、中深場五目釣りにてソルトルアーフィッシング用のロッドは使いませんでしたがレンタルロッドにて、メダイが釣れました。
今回は数が釣れなかったのですが、種類が釣れたので面白い釣りでした。人気blogランキングへ
タグ:中深場釣
| このエントリーを含むはてなブックマーク | にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
| Comment(0) | フィッシング日記

江の島沖、アマダイ釣り

1月後半、今年初のアマダイ狙いで江の島沖に行ってきました!
江の島沖
早朝仲間内で船宿に集合してから、乗合船に乗船です。
前日のアマダイは釣れていたようだったので期待に胸躍らせながら乗船です。
乗合でしたが適度な人数だったので釣り座にゆとりをもてました。
混雑しているとオマツリ頻繁で釣りにならないので今回は、釣りに集中できそうです。
凪の状態でしたので波も穏やかで釣りやすい一日となりました。
さて、イサキ釣りの前に購入したエサ釣り用の竿に電動リールをセットして、アマダイを狙うのでした。
水深はというと、60〜80mくらいでした。
港を出発して、江の島沖のポイントに向かいます。
ポイント到着後、仕掛けを海底へ沈めると電動リールのカウンター表示は水深60mでした。
仕掛けを海中に落としオモリが海底に着いた後、50cmから1m位ラインを巻いてアタリを待ちます。
何度か海底を取り直してもアタリが無い場合は、巻き取ってエサのチェックです。
エサを変えて底をとり、誘いをかけるも魚の反応が無い…
釣り開始から1時間くらい経過した頃、待望のアタリが!
ゴッ!ゴゴゴッ!
なんとなくアマダイのアタリのような感触がPEラインを伝わって手元に感じる…
ビシっ!と竿を立てるも空振りでした〜!
その後は、アタリもなく時間だけが経過していくのであった。
同船者は、ポツリポツリ程度に釣れているが全体的に渋い。
真鯛やホウボウ、イトヨリ、カサゴなどが釣れているが、私の竿には魚の反応無いのであった。
周りは外道ばかりだな〜。でもデカいからいいね!
そうこうしているうちにブルブル…っと手元に伝わる微かなアタリが!
来た来た!
電動リールのスイッチを入れて巻き取るのでした。
ウイ〜ン
海面から赤い魚が見えてきました!
アマダイ201801
小さいがアマダイきたーーーーー!
今年初のアマダイGETです。
氷たっぷりのクーラーボックスにアマダイを入れた後、ボーズ逃れたのでほっと胸をなでおろし、再び釣り開始です。
それから、暫くして魚の反応があり、巻き上げると…
平たい奴が来ました。
ガンゾウビラメ
ガンゾウビラメですな。
20cmくらいですかね。コチラは、少し干してからカラット揚げるとパリポリ骨までおいしく食べれます。
その後、アタリもなく終わりの時間となりましたが、最後に巻き上げると一回り小さいガンゾウビラメが針に掛かってました。
小さすぎてアタリが分からん!
リリースして終竿となりました。
外道2匹とアマダイ1匹の貧果でした〜残念!
同船者は、アマダイ0〜7匹だったようです。全体にアタリが少なく渋い日でした。
釣り方
ベイトロッドに電動リールにラインはPE4号、仕掛けは、天秤に80号のオモリを付け、自作のアマダイ仕掛けを取り付けました。
波が穏やかだったこともあり、オマツリも少なく釣りやすい一日でしたが、魚の反応もないという残念な結果でした。
エサは、オキアミの尻尾を取ってから尾から針を通して、エサが真っ直ぐになるようにセット。(こまめにエサは新しいものに取り換えましょう)
アマダイは底にいる魚なので底から50cm〜1m位を狙いました。
絶えず底を取り直ししながら、底1mまでをキープし魚を誘いました。
アマダイの料理方法
アマダイのハラワタを取り除き、3枚におろしてから刺身にしワサビ醤油でいただきました。
ガンゾウビラメも持ち帰ったので小さいが刺身にして、骨はから揚げにしてパリポリ食べてしまいました。小さいけど美味かったです。
ソルトルアーフィッシングではなく、エビ餌でアマダイが釣れました。
今回は厳しかったので次回に期待。2018年初のアマダイ釣りでした。人気blogランキングへ
タグ:アマダイ
| このエントリーを含むはてなブックマーク | にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
| Comment(0) | フィッシング日記
スポンサード リンク
INDEX
ソルトルアー
ソルトルアーフィッシング
├アイナメ
ワームでアイナメ釣り
├アオリイカ
エギングでアオリイカ
├アジ
ハイブリッドジギングでアジ釣り
├アナハゼ
ソフトルアーでアナハゼ
├イナダ
イナダのジギング
├イワシ
サーフジギングでイワシ
├エソ
ライトジギングでエソ
├エチオピア
エチオピア(ジギングにて)
├カサゴ
カサゴのルアー釣り
ワームでカサゴ釣り
├カツオ
カツオのジギングに挑戦
├カマス
サーフジギングでカマス
├ギンガメアジ
サーフジギングでギンガメアジ
├サゴシ
サゴシ釣れました
├サバ
ライトジギングでサバ
├サヨリ
メタルジグでサヨリ釣り
├ショゴ
ショゴきました堤防ジギング
├シリヤケイカ
エギングでシリヤケイカ
├シロギス
バイオワームでシロギス釣り
├スズキ
スズキ(フッコ)がジグにヒット
├スルメイカ
ライトジギングでスルメイカ
├ソーダガツオ
弓ヅノでソーダガツオ釣り
├タチウオ
太刀魚(タチウオ)とは
├ツバメコノシロ
サーフジギングでツバメコノシロ
├ネンブツダイ
サーフトローリングでネンブツダイ
├ハゼ
ワームでハゼ釣り
├ヒイカ
エギングでヒイカ
├フグ
ルアー釣り?フグ編
├ホウボウ
ホウボウ釣り
├ボラ
ボラ釣り
├ムラソイ
ムラソイのルアー釣り
├メゴチ
ワームでメゴチ釣り
├メジナ
メタルジグでメジナ釣った
├メジマグロ
メジマグロのキャスティングゲーム
└メバル
  メバル
釣行記
イナダのルアー釣り
イナダのジギング
イナダジギング東京湾
鹿島沖でクルーズ?

サバのルアー釣り
ライトジギングでサバ
ライトジギングで鯖釣り
平塚沖ライトジギング釣果速報
ライトジギングで入れ食い
インカブで釣れました
サーフトローリングでゴマサバ
ライトルアーでシイラ、うじゃ!

シーバスのルアー釣り
シーバス・ルアーで釣る1
シーバス・ルアーで釣る2
シーバス・ルアーで釣る3
フッコとにょろにょろ
暗闇でシーバス57cm
ワインド釣法でシーバス
湾シーバス
スモールマウスシーバス
80cmクラスの鱸
シーバスのライトジギング

タチウオのライトジギング
太刀魚(タチウオ)とは
太刀魚のジギングに挑戦1(準備編)
太刀魚のジギングに挑戦2(出船編)
太刀魚のジギングに挑戦3(ポイント到着)
太刀魚のジギングに挑戦 おまけ(番外編)
タチウオ用フックについて
東京湾タチウオジギング
メバルのルアー釣り
メバル
メバルのルアー釣りに挑戦
にょろにょろでメバル
ソフトルアーでメバル釣り
ナイトルアーフィッシングでメバル